在宅医療を利用される患者様には、いろいろな疾患、家庭の事情などがございます。
足腰が弱り、バスや電車に乗ることが難しくなってきた、また家族の付き添いがあれば通院が可能だけれども、家族は仕事を中々休むことが出来ない、なんてケースが考えられます。

他にもパーキンソン病などの難病に罹患している方や、悪性新生物(がん)の告知を受けたけど、手術等の積極的な治療はしたくないので自宅で最後まで生活したい、などとおっしゃられる方などもいらっしゃいます。

また在宅医療では、医師がご自宅に伺うことにより自宅での生活を医師が把握しやすいので、その後の診療にも生かすことが出来るのです。

府中市を中心に訪問診療を行っていますが、周辺地域にお住まいの方は一度ご相談してください。