20代の薄毛の原因とは?若ハゲの原因や対策を紹介!

20代の薄毛の原因とは?若ハゲの原因や対策を紹介!

日本人男性の多くが悩まされているAGAですが、その中には20代という若さでAGAに悩ま背れている、いわゆる若ハゲの方も多くいます。

なぜ若ハゲは起きてしまうのか、そして若ハゲを対策するにはどうしたら良いのかを、今回はこの記事で解説いたします。

目次

20代で起こる若ハゲの原因

AGAは悪性男性ホルモンが主な原因

AGAはジヒドロテストステロンという悪性男性ホルモンが、頭頂部と前頭部にある毛母細胞を攻撃することで、髪の成長を妨げてしまうのです。

このジヒドロテストステロンによる髪の成長の妨害は、髪が健康的に生え変わる周期であるヘアサイクルを乱してしまい、髪が成長しきる前に抜け毛が進んでしまうため、徐々に薄毛が進行していってしまうのです。

ちなみに、ジヒドロテストステロンの材料である5αリダクターゼを活性化する遺伝子は優性遺伝とされていて、両親が活性化する遺伝子を持っていれば、子供に遺伝して薄毛になる確率が高くなるとされています。

ストレスや生活習慣の悪化も原因となりやすい

AGAはジヒドロテストステロンによるもの以外にも

・睡眠の質の低下
・乱れた食生活
・運動不足
・喫煙や飲酒
・ストレス

なども薄毛になってしまう原因とされています。

睡眠による成長ホルモンの減少や、食事によって髪を作る栄養素の減少、喫煙や運動不足、ストレスによる血行不良も頭皮の環境を悪くして、髪の成長が妨げられてしまうので注意が必要です。

若ハゲを治すための対策法

ストレスを定期的に発散する

ストレスを感じると自律神経が乱れて身体が緊張状態になりやすくなり、血行が悪くなるなどして髪の成長に悪影響を与えがちです。

そのため、適度な運動やコミュニケーションを取るなどして、定期的にストレスを発散し、ストレスを溜めすぎないように気をつけましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣を改善することも、若ハゲを治す大事な方法の1つです。

例えば食生活であれば

たんぱく質やビタミン、亜鉛をしっかり摂る
高カロリーや高脂質の食事を控える
ファストフードやインスタント食品を食べないようにする
禁酒する

などが対策として挙げられます。

また、睡眠も大切で

6時間から7時間睡眠を心がける
15時以降にカフェインを摂らない
就寝前にパソコンやスマホを見ない

などを意識することで、睡眠の質を向上させられる可能性が高まります。

これらの要素を考えて生活習慣を改善していけば、若ハゲを改善させやすくなる可能性も高まります。

自分で頭皮ケアをやってみる

若ハゲを治そうとして、シャンプーなどを多く使って何回も頭を洗ってしまう方もいるのですが、逆に頭の洗いすぎは頭皮の環境を悪くしてしまう恐れがあります。

そのため、シャンプーをする際には38度程度のお湯で優しく洗う、指の腹で優しく洗うなどを心がけることによって、リラックス効果や血流改善効果が期待できます。

お金もかからず、頭を洗いながら行っていけるので、地道にやって頭皮の環境を少しでも良くしていってみましょう。

クリニックでAGA治療を受けてみる

若ハゲに限らずAGAを治療するのであれば、専門のクリニックであるAGA治療クリニックを利用するのが一番です。
AGAクリニックで利用できる治療内容は主に以下の3つです。

内服薬や外用薬による治療薬の使用
カウンセリングやセラピー
植毛

最も多いのは治療薬の使用で、多くのAGA治療クリニックで利用することができるプランです。

AGAの症状が早ければ早いほど、少ないお金と時間で治療を進めることができるので、AGAが気になるのであれば、できるだけ早くAGA治療クリニックを訪れるのがおすすめです。

まとめ

若ハゲは遺伝によるものもあるものの、生活習慣の乱れなども原因となることがあり、気を付けていればある程度対策することができる症状となっています。

生活習慣の改善や、頭皮ケア、そして早めにAGA治療クリニックを利用してみるなどで若ハゲはしっかり対策できるので、自分なりの対策法を見つけて、しっかり若ハゲを治療していってください。

目次