ピアス穴あけをするのにおすすめのクリニック7選!選ぶコツも紹介!

アイキャッチ「ピアス穴あけをするのにおすすめのクリニック」
困っている人6

ピアス穴あけは、自分でやると雑菌が入ったりピアス穴が曲がってしまうなどのミスをしてしまいがちですが、クリニックでピアス穴あけをやれば、衛生的でピアス穴が曲がることもありません。

そのため、ピアス穴あけを行うのであれば、クリニックで行うのがおすすめです。

そこで今回は、ピアス穴あけを行えるおすすめのクリニックをご紹介するとともに、ピアス穴あけの際に覚えておきたいポイントを解説していきます。

目次

ピアス穴あけができるクリニックの比較表

ピアス穴あけができるクリニックの中から、特におすすめのクリニック5院の比較表からチェックしていきたいと思います。

スクロールできます
クリニック名東京中央美容外科共立美容外科東京美容外科聖心美容クリニックTAクリニック
クリニック名東京中央美容外科共立美容外科東京美容外科聖心美容クリニックTAクリニック
ピアス穴あけ料金14,980円
(税込)
6,930円から8,800円
(税込)
8,800円
(税込)
7,700円
(税込)
保証再施術などなしなしなしなし
クリニックの展開数全国
72院展開
全国
26院展開
全国
17院展開
全国
10院展開
全国
8院展開
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

ピアス穴あけとは?自分でやらずクリニックであけるのがおすすめ

ピアスの穴あけは自宅やピアススタジオでもできるとされていますが、医療行為のため本来は医療機関で行わなければいけません。

皮膚に穴をあける作業で衛生面に気を付けながらアフターケアを行う必要もあるため、クリニックで安全に行うことをおすすめします。

ピアスの穴の種類からクリニックの穴あけ料金まで解説するので、トラブルなくおしゃれを楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

ピアスの穴の種類|位置によって名前が違う

耳のピアスは位置によって名称が違います。クリニックによってあけられる位置が異なりますが、多くのクリニックが耳たぶと軟骨には対応しています。

また、耳以外だと以下の部位の穴あけが可能です。

  • こめかみ
  • 目尻のあたり
  • わきの下

特に、粘膜に近い部位やデリケートなところは化膿したり炎症を起こしたりとトラブルが起きやすいので、十分に気を付ける必要があります。

ピアス穴あけの方法は主に3つ

ピアスの穴あけの方法は主に3つあります。

方法メリットデメリット
自分であける・安く済む・気軽にできる・位置がずれやすい・恐怖心が出る・トラブルが起きやすい
ピアススタジオであける・ボディや軟骨もあけられる・違法に行っている可能性がある・安全性は高くない・トラブルが起きやすい
クリニックであける・希望の位置にあけやすい・衛生的にあけられる・麻酔で痛みを軽減できる・対応していない部位がある・ほかの方法に比べて料金が高い

セルフは自分で手軽にあけられますが、衛生面や安全面を十分に配慮できないのでトラブルが起きる可能性が高いです。ピアススタジオは耳たぶ以外の部位の穴をあけたいときに便利ですが、無資格の施術者が違法に行っている場合があります。

クリニックは安全かつ痛みをおさえながら行うことが可能です。また、万が一トラブルがあっても医療機関が対応してくれます。

自宅で自分であける

やり方市販のピアッサーやニードルであける
特徴・1,000円程度で手軽にできる・躊躇すると上手くあけられない・消毒やアフターケアを自分でやらなければいけない

1,000円ほどで手軽に買えるピアッサーを使う方法では、勢いよく一気にあけることが大切です。穴をあける位置を自分で確認しづらく、衛生面に気を付けなければいけないので失敗することもあります。

ピアススタジオなどの店であける

やり方ピアッサーやニードルでスタッフがあける
特徴・耳たぶ以外の部位にあけられる・希望の位置にあけやすい・認可がないスタジオの可能性がある・クリニックよりも安全性が低い

ピアススタジオなどのお店であけてもらう方法だとセルフよりも正確な位置にあけられるほか、へそや軟骨などさまざまな部位に対応してもらえます。

しかし、皮膚に穴をあける行為は医療行為なので医師の管理下で行わなければいけません。そのため、医療機関ではない場所で行うことはリスクが高いといえます。

クリニックなどの医療機関であける

やり方医師がピアッサーやニードル、レーザーであける
特徴・希望の位置にあけられる・あけられない部位もある・安全面と衛生面への配慮がある・麻酔で痛みを減らせる・料金が高い傾向にある

クリニックで行うピアス穴あけは消毒や薬の処方などはもちろん、必要に応じて麻酔の処方も行います。ほかのやり方に比べて安全性が高く、塞がったり化膿したりといったトラブルにも迅速に対応してもらえます。

3つの方法の中で料金が高い傾向にあり、クリニックによってあけられる部位が決まっているので事前に確認しておくことが大切です。

クリニックなら失敗しにくくアフターケアも充実

ピアスの穴をあけるには3つの方法がありますが、さまざまなトラブルを防ぎたいならクリニックがおすすめです。

医療機関で医師が行うため素人が穴をあけるよりも安全性が高く、衛生面への配慮もあります。クリニックの中には保証制度を設けているところもあり、修正手術や肌トラブル時の薬の処方をしてもらうことも可能です。

麻酔で痛みを軽減することもでき、セルフだと怖い方はクリニックを受診することをおすすめします。

ピアス穴あけができるクリニックの選び方

クリニックのピアス穴あけはさまざまな施術方法があり、穴をあけたあとにつけるファーストピアスの種類も複数あります。施術を受けられる部位もクリニックによって異なるので、クリニック選びのコツを知って無理なく穴あけができるところを選びましょう。

施術方法から選ぶ

ピアス穴あけの施術の方法は主に3種類あり、施術部位によって使いわけられることが多いです。

【ピアス穴あけの施術方法】

  • 医療用ピアッサーやピアスガン
  • 医療用ニードル
  • レーザー

耳たぶにはピアッサーやピアスガンを使った施術が一般的ですが、最近ではレーザーによる穴あけを行うクリニックもあります。

医療用ピアッサーやピアスガン

やり方ピアッサー:バネの力を利用して挟んで穴をあけるピアスガン:銃のような形をした機械で挟む
向いている部位耳たぶ、軟骨

ファーストピアスが装着されている状態なので、穴をあけると同時にファーストピアスを装着できます。施術時間が短く、痛みも少ないので手軽にできるのが魅力です。

耳たぶや軟骨など挟みやすい部位に穴をあけたい方に適しています。

医療用ニードル

やり方ニードルを刺して穴をあける
向いている部位狭い部位、2ヶ所の穴を貫通させる部位(へそ、その他のボディ、耳の細かい部位)

医療用ニードルを使った施術はニードルを刺して穴をあけたあとにファーストピアスを装着します。ピアッサーのように挟む必要がないので、耳の内側やへそなどに向いています。

ニードルを使う場合、通常局所麻酔を行うため施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

レーザー

やり方レーザー照射で止血しながら穴をあける
向いている部位耳たぶ

レーザーを照射して行う方法だと、手で触れる機会が少ないので衛生的に穴をあけることができます。止血しながらレーザーを当てるので出血がしにくいのも特徴です。くり抜くようにしてあけるため、穴の大きさも調整しやすくファーストピアスも装着しやすいです。

ただし、複雑な部位の施術には向いておらず耳たぶがおすすめです。

取り扱っているファーストピアスの種類で選ぶ

ファーストピアスは1〜2ヶ月程度つけっぱなしにする必要があるため、デザインやつけ心地が重要です。

素材や長さ選びを間違えるとさまざまな肌トラブルの原因にもなります。また、穴が細いものを選ぶとセカンドピアスがつけづらくなるので注意しましょう。

ファーストピアスを選ぶときは、以下のポイントを意識しましょう。

【ファーストピアスを選ぶポイント】

  • 金属アレルギーがあるなら医療用ステンレスやチタンを選ぶ
  • 太さは16Gで1.2mm程度のものを
  • 長さは8mm以上で耳たぶとキャッチに余裕を持たせる

金属アレルギーがある場合は、アレルギーが出にくい素材を選ぶことが大切です。多くのクリニックではチタンや医療用ステンレスの取り扱いがあるので、事前のカウンセリングで伝えましょう。

太さは16G程度がおすすめです。普通のピアスは18G(1.0mm)以上のものが多いため、ファーストピアスが細すぎると完成したときの穴が小さすぎてピアスがしづらいです。

長さも重要なポイントです。耳たぶとキャッチに隙間がないと、腫れたときに締め付けられるなどトラブルが起きやすくなります。余裕のある長さを選んで傷口が落ち着くまで刺激を与えないようにしましょう。

麻酔やファーストピアス代も含めて予算内に収まるクリニックを選ぼう

【クリニックで行うピアス穴あけの施術料金】

クリニック名両耳たぶ1回料金(税込)
東京中央美容外科14,980円
共立美容外科10,010円
東京美容外科8,800円
聖心美容クリニック8,800~11,000円
TAクリニック7,700円
シロノクリニック6,600円
城本クリニック6,600円~

耳たぶだけなら両耳10,000円程度で施術を受けられるクリニックが多いです。へそピアスや軟骨部だと料金が高くなる傾向にあり、粘膜に近く技術が必要な部位はより高額になります。

ピアス穴あけでは、このほかにファーストピアス代や麻酔代が別途かかるところもあるので、費用を計算するときはオプション料金も含めるようにしましょう。

ピアス穴あけにおすすめのクリニック7選

東京中央美容外科

東京中央美容外科のピアス穴あけは、公式サイトでチェックできる症例写真によって、細かい場所をチェックすることができるため、自分の理想の位置にピアスを開けた際のイメージが非常にしやすくなっています。

また、アフターケアが充実していて、術後のトラブルに対してピアス穴の修正や回復を無料で行ってくれるほか、返金対応なども行ってくれるので、術後のリスクが気になる方も安心して施術を受けることが可能です。

クリニック名東京中央美容外科
価格(税込)14,980円から
クリニック数全国72院展開
保証修正、回復施術など
支払い法現金/デビットカード/クレジットカード/QRコード決済/メディカルローン
営業時間10:00から19:00
休診日不定休

共立美容外科

共立美容外科は、カウンセリングの時点で見積書を出してくれて、追加料金などが発生することなく明確な料金体系で施術を利用することができます。

患者の悩みに寄り添うためにしっかりとカウンセリングを行い、最初のピアスも金属アレルギーを起こしにくいものを使用するなど、患者へのケアを徹底しているクリニックとなっています。

クリニック名共立美容外科
価格(税込)6,930円から
クリニック数全国26院展開
保証なし
支払い法現金/クレジットカード(分割払い可能)/メディカルローン
営業時間10:00から19:00
休診日年中無休

東京美容外科

痛みや出血が少なく、穴あけと同時にピアスを付けることができるため、穴あけからピアス装着までのスピードが早いのが東京美容外科です。

カウンセリングをWEB上で行うことができるほか、18年間医療事故ゼロの安心の実績で、ピアス初心者が利用するのに非常に向いているクリニックです。

クリニック名東京美容外科
価格(税込)8,800円から
クリニック数全国17院展開
保証なし
支払い法現金/デビットカード/クレジットカード/メディカルローン
営業時間10:00から19:00
休診日年中無休

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックでは、医療用のピアスを用いて炎症などの感染リスクを抑えた施術を行っています。

ピアス穴が安定しやすくなるほか、耳たぶ以外の場所も少ないリスクでピアス穴をあけられるため、一度自分でピアス穴をあけて炎症を起こしたことがある方に特におすすめです。

クリニック名聖心美容クリニック
価格(税込)6,600円から
クリニック数全国10院展開
保証なし
支払い法現金/デビットカード/クレジットカード/QRコード決済/メディカルローン
営業時間10:00から19:00
休診日年中無休

TAクリニック

TAクリニックでは、プライバシーに配慮した施術を徹底しており、クリニックを利用する際に他の患者と顔を合わせることが極力無いように調整してくれます。

カウンセリングから実際にピアス穴あけを行うときまで、しっかり時間を確保して丁寧に施術を行ってくれるため、時間がかかっても綺麗に仕上がったピアス穴をあけたい方におすすめです。

クリニック名TAクリニック
価格(税込)7,700円から
クリニック数全国8院展開
保証なし
支払い法現金/デビットカード/クレジットカード/銀行振込/メディカルローン
営業時間10:00から19:00
休診日年中無休(クリニックによっては不定休)

シロノクリニック

シロノクリニックではカウンセリングに重きを置いて、しっかりと患者の悩みや理想を聞いたうえで最適な施術を行うのが特徴となっています。

2か所、4か所と希望する箇所応じて料金を選ぶことができ、施術内容をしっかり確認したうえでピアス穴あけをしたい方に合っています。

クリニック名シロノクリニック
価格(税込)6,600円から
クリニック数全国5院展開
保証なし
支払い法現金/クレジットカード/メディカルローン
営業時間月から土:9:30から19:00
日: 9:30から18:00
休診日年中無休

城本クリニック

城本クリニックは価格が非常に安く、気軽にクリニックのピアス穴あけを体験することができます。

低価格だからと言ってクオリティが低いわけではなく、30年以上の技術力であったり、有資格者のスタッフのみが在籍しているなど、施術の信頼性も高く安心してピアス穴あけを利用することが可能です。

クリニック名城本クリニック
価格(税込)2,200円から
クリニック数全国25院展開
保証なし
支払い法現金/クレジットカード/メディカルローン
営業時間10:00から19:00
休診日年中無休

ピアス穴あけで覚えておきたいポイント

ピアス穴あけができる部位は3か所

ピアス穴あけはできる部位が顔、身体、耳の3か所に限られています。

ただ、顔や身体、耳の中でも細かく穴をあける場所を指定することができるので、大まかにあける箇所を決めておいて、カウンセリングで細かい場所を決めると良いでしょう。

また、ピアス穴あけは部位によって料金が変わりますが、軟骨はピアス穴が完成するのに時間がかかったりなど、施術する箇所によって機関や技術が変わってくるために料金が変わることが多いです。

ピアス穴は1か月程度で安定する

ピアス穴は個人差があるものの、安定するのに約1か月程度かかるとされています。

ただ、ピアスを頻繁につけかえているとピアス穴が安定しづらくなるので、最初のピアスはつけたまま、1か月から2か月ほど継続してピアス穴を安定させると良いでしょう。

ピアス穴あけはトラブルがある?アフターケアのやり方や注意点

ピアスの穴あけを行ったあとのアフターケアのポイントは以下の3つです。

【ピアス穴あけ後のアフターケア】

アフターケアやり方
1日1回患部を洗浄する1.入浴前ピアスの軸に消毒ジェルを塗る2.軸をスライドさせる3.入浴後少し離れた位置からシャワーをあてて汚れを落とす
穴あけを行った部分に触れない・就寝時枕に耳を押し付けない・タオルやブラシで触らない・髪の毛はなるべく結ぶ

耳たぶのファーストピアスは4〜8週間程度つけたあとセカンドピアスに取り替えます。半年程度は重さのあるピアスを避けて負担をかけすぎないように気を付けましょう。

また、部位ごとに完成までの期間やセカンドピアスに取り替える時期が異なります。

部位ファーストピアスをつける期間安定までの期間
耳たぶ1~2ヶ月約6ヶ月
軟骨3ヶ月1年半~2年
へそ4~6ヶ月1年程度

穴が安定するまでの期間には個人差があります。人によっては肌トラブルが起きることもあるので、痛みや異変が長引くようであればすぐにクリニックを受診しましょう。

どれくらい痛い?クリニックで行うピアス穴あけのQ&A

クリニックでピアスの穴をあけるときは、痛みの程度やカウンセリング内容などわからないことがたくさんあります。事前に気になる疑問を解消しておくことで、落ち着いて施術を受けることができます。

クリニックで行うピアス穴あけの疑問を集めたので、初めて施術を受ける方は確認しておきましょう。

クリニックのピアス穴あけはどれくらいの痛み?

耳たぶであればチクッとした痛みがある程度です。軟骨やへそだと痛みを感じる場合があります。

ピアッサーやピアスガンで耳たぶに穴をあけるときは麻酔を使わないクリニックもあり、痛みは一瞬です。しかし、ニードルを使ったりデリケートな部位だったりすると、痛みを感じることがあります。

麻酔が使えるクリニックが多いので、痛みを感じたくない方はカウンセリングで麻酔の使用を申し出るようにしましょう。

妊娠中や授乳中でも受けられる?

妊娠中や授乳中は施術を受けられないことがほとんどです。

妊娠中や授乳を行っている方は免疫力が下がっており、傷口が化膿しやすいです。また、傷口を治療するための抗生剤などを服用できないため、多くのクリニックでは施術を行っていません。

金属アレルギーの人はピアスをあけない方がいい?

軽度であればあけられる素材がありますが、重度のアレルギーの方はカウンセリングで相談する必要があります。

多くのクリニックでは金属アレルギー対策として、チタンを使ったファーストピアスを用意しています。軽度のアレルギーであれば医師の判断のもと施術を受けられる場合がありますが、重いアレルギー症状が出る方は施術できない可能性が高いです。

最終的な判断は医師が行うので、不安な方は必ずカウンセリングで伝えるようにしましょう。

ピアス穴あけのカウンセリングはどんなことをする?

ピアス穴あけのカウンセリングの内容は以下のとおりです。

  • 穴をあける位置の確認
  • 体質の確認(アレルギーやケロイド体質など)
  • ファーストピアスを選ぶ
  • アフターケアやリスクの説明
  • 施術方法の説明

まずは、穴をあける位置や体質のチェックを行い、施術を行うことができるか相談します。その後、施術の具体的な内容やリスクの説明を医師から受けます。

複数あればファーストピアスを選ぶこともあり、カウンセリング時間は30~45分程度です。

ピアス穴あけは保険適用になる?保険証は持参する必要がある?

ピアス穴あけは保険適用外ですが、本人確認のため保険証は持参することをおすすめします。

ピアスの穴をあける施術は自由診療となるため、保険は適用になりません。保険証を持参する必要はありませんが身分証明が必要なので持っていくようにしましょう。

まとめ

ピアス穴あけは耳だけではなく、さまざまな部位に行うことができる施術です。

ただ、部位によって料金内容がかなり変わってきますので、自分がどこにピアス穴あけをしたいかのか、その際の料金はどれくらいかかるのかを必ずチェックするようにしてください。

また、クリニックによっても料金だけではなく、施術の技術力などが違うので、自分が信頼で

きるクリニックを選んで、後悔のないピアス穴あけを行うようにしましょう。

目次