薄毛対策に効果的なのは何?薄毛改善に効果的な食べ物などを解説!

薄毛対策に効果的なのは何?薄毛改善に効果的な食べ物などを解説!

日本人男性の多くがAGAと呼ばれる薄毛の症状に悩まされていると言われています。

つまり、日本人男性のほとんどが薄毛に悩まされているということになりますが、そんな薄毛に対してどういった対策を行うことができるのでしょうか。

今回は、そんな薄毛対策に効果的な方法などを解説していきます。

目次

今すぐできる薄毛対策5選

食生活の改善

髪は食事による栄養素を摂取することによって、ある程度しっかりとしたものにすることが十分に可能です。髪に必要とされる栄養素は以下のものが挙げられます。

たんぱく質
ミネラル
ビタミン

髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質から作られており、ケラチンを合成する過程で亜鉛も必須となり、ビタミンはたんぱく質の代謝をサポートするため、髪の生成を手助けしてくれる成分となっています。

ストレスを発散する

ストレスは自律神経を乱してしまい、血行不良を引き起こして頭皮の環境を悪くしてしまうとされています。そのため、ストレスの発散も薄毛対策になると言われています。

主なストレスの発散方法はこちら

運動
日光浴
近しい人とのコミュニケーション
趣味に没頭する

特に運動は血行促進なども効果も期待でき、薄毛にはかなり効果的とされているので、運動不足の方は積極的に運動してみると良いでしょう。

睡眠の質の向上

睡眠の質や睡眠時間を長くすることも薄毛には効果的と言われています。

特に髪の成長に必要なホルモンはノンレム睡眠の際に多く分泌されると言われており、入眠から1時間から3時間の間は深い眠りで成長ホルモンがたくさん分泌されると言われているので、2時間前までに食事や入浴を済ませて、睡眠する直前にはパソコンやスマホは見ないと言って工夫をすることで、より深い睡眠を行いやすくなります。

お酒やたばこを控える

お酒は適度な量であれば血行促進やストレス発散効果が期待できますが、飲みすぎると血流が悪くなって逆効果になるとされています。

また、たばこを多く吸う人ほどAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの量が多いという研究があり、たばこはAGAのリスクが高まるのだそうです。

どちらも血流を悪くして、頭皮へ運ばれる栄養素の量も減らしてしまいかねないので、薄毛対策をするならお酒は控え、禁煙を行うのがおすすめです。

改善すべき食生活

高脂質な食事

高脂質な食事は皮脂の分泌量を増やし、頭皮の環境を悪くしてしまいます。

さらに、血行不良や内臓機能の低下、血液がドロドロになるなどの要因を引き起こし、抜け毛が増えてしまう恐れがあるので注意してください。

寝る直前に食事をする

寝る直前に食事をすると、睡眠時に休まるはずの消化器官が働くこととなり、睡眠の質が低下したり、自律神経が乱れて血行不良を引き起こす恐れがあります。

そのため、食事してからある程度時間を空けて、消化を進めてから睡眠をすることで、睡眠の質も失われず、血流が悪くなることも避けやすくなるのです。

過剰なダイエット

過剰なダイエットは身体の中の栄養素が少なくなってしまうことで、髪に行き渡る栄養素が少なくなってしまい、髪の成長が悪くなってしまいます。

たんぱく質の不足によるヘアサイクルの乱れはAGAの原因ともなりますし、皮脂の不足や過剰分泌も頭皮の環境を悪化させるので、過剰なダイエットで体内の栄養差が枯渇しないように注意してください。

クリニックによる薄毛治療を行う

全国でAGA治療クリニックが運営されており、専門的な治療を受けることができます。
AGA治療クリニックでは以下のような治療が主に行われます。

内服薬や外用薬による治療
注入治療
植毛

主に治療薬による治療が一般的ですが、クリニックによっては植毛などの外科治療を行うクリニックもあります。
治療薬だけでは効果が心配な方、お金がかかってもいいから確実に薄毛を無くしたい方は、外科治療を行うクリニックもチェックしてみましょう。

まとめ

薄毛は生活習慣や食生活を改善することによって、十分に対策することが可能とされています。

逆に高脂質な食事や寝る直前の食事、過剰なダイエットなどは抜け毛を加速させてしまう恐れがあるので、抜け毛が気になる方は生活習慣や食生活を見直して、しっかり抜け毛対策を行うようにしてください。

目次