AGA治療にはタイミングがある?年代別のAGA治療効果をチェック!

アイキャッチ「AGA治療にはタイミングがある?」
困っている人2

成人男性の多くが悩んでいるというAGAですが、世代によるAGAの違いと効果にはどういった違いがあるのでしょうか。

AGA治療にはタイミングがあるのか、いつから始めてもAGA治療は効果を実感できるものなのか気になります。

そこで今回は、AGA治療を始めるタイミングや、年代別のAGA治療の効果を1つずつ確認していきたいと思います。

目次

AGA治療のタイミングは何歳からでもOK

若い年齢からAGA治療するとコストが少なく済む

AGA治療はヘアサイクルを最適な周期に戻すことです。

通常のヘアサイクルは以下の流れですが、このヘアサイクルが崩れると抜け毛が増えAGAとなってしまいます。

STEP
髪の毛が生える
STEP
髪の毛が成長する
STEP
髪の毛が自然に抜ける
STEP
髪の毛が生える

このヘアサイクルは一生の中で回数が決まっており、早いうちからヘアサイクルの周期を戻しておくことで、その後のヘアサイクルも正常な状態にキープしやすくなるため、早い年代のうちにAGA治療を受けることによって、コストを安く済ませることが可能となります。

高齢になってもAGA治療の効果はしっかり実感できる

AGA治療は早ければ早いほどコストを安く済ませられますが。高齢になってからでもAGA治療の効果はしっかり実感することができます。

とはいえ、発毛効果ではなく、AGAの進行を遅らせてより薄毛にならないように止める効果のほうが実感しやすいです。

発毛効果は年齢が高くなるほど実感しづらいので、そこはAGA治療を受ける際に留意しておきましょう。

年代別のAGA治療の効果

20代でのAGAの治療効果

AGAの兆しを感じたら20代のうちからAGA治療を受けた方が良いです。

これは、AGA治療は受けるのが早いほど高い効果を得られやすいとされていて、高い効果が期待できる分、コストも安く済ませやすくなるからです。

AGAの進行、そして発毛効果も期待することができるので、手遅れにならないうちにしっかりとAGA治療に臨むことをおすすめします。

30代でのAGAの治療効果

若いうちなら大丈夫だが、30代になって心配になってくる方が多く、AGA治療を受けたいと思う方が多い年代です。

まだAGAの進行と発毛効果をどちらも期待することができるので、できれば30代前半の時点でAGA治療にチャレンジしてみてください。

40代でのAGAの治療効果

40代のAGA治療は、ある程度症状が進行しているケースが多く、発毛効果よりも進行を遅らせる効果のほうが強く実感しやすいです。

より薄毛になりたくないのであれば、40代あたりから本気で治療に取り組まないと難しいかもしれません。

50代以降のAGAの治療効果

50代でのAGA治療は、現状維持やより薄毛に悪化してしまうことを防ぐのがメインとなります。

白髪が多くてもAGA治療は可能であるため、これ以上薄毛を進行させたくない方も遅くないのでいつでも思い立ったらAGA治療にチャレンジしてみましょう。

AGA治療の最初は無料カウンセリングから始めよう

AGA治療クリニックの多くは、施術を行う前に無料のカウンセリングを行ってくれます。

カウンセリングではAGAの進行状況や症状の細かな内容をもとに、患者にとって最適な施術内容と料金を提案してくれます。

また、AGA治療を行うクリニックの多くではオンライン診療を利用することもできるため、クリニックで多くの人の目に触れることなく、安心してカウンセリングを受けることもできるのが嬉しいポイントとなっています。

おすすめのAGA治療クリニックについては、おすすめAGA治療クリニックで解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

まとめ

AGA治療は若いうちに利用することで、より高い効果を実感することでき、コストを安くすることも十分可能となっています。

早ければ早いほどAGA治療のコスパもどんどん良くなっていくので、AGAが気になるなら思い立ったときに勇気をもって治療を受けてみてください。

目次