AGA治療の副作用とは?気を付けておきたい副作用について解説!

アイキャッチ「AGA治療の副作用とは?」
悩む男性1

一口にAGA治療薬と言っても数ある種類があり、どういった効果に最適なのか、副作用はどういったものなのかが細かく違うため、自分の症状や身体に合った治療薬を選ぶことが非常に重要です。

今回は、数あるAGA治療薬の中から、特に使われることが多いAGA治療薬の副作用や、副作用が出た際の対処法などについて確認していきたいと思います

目次

AGA治療薬を服用することによる副作用

フィナステリドの副作用

フィナステリドを服用することによる副作用として挙げられるものはこちらです。

  • 肝機能障害
  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 精液の量が少なくなる

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用はこちらとなっています。

  • 肝機能障害
  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 精液の量が少なくなる
  • 黄疸
  • 乳房障害

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは外用薬と内服薬の2つの使い方で副作用の内容が変わります。


外用薬として使用した場合

  • 頭皮のかぶれや赤み
  • 頭痛
  • めまいや動悸

内服薬として使用した場合

  • 多毛症
  • 血圧低下や心不全
  • 動悸息切れ
  • 手足のむくみ
  • 肝機能異常

AGA治療薬で副作用が出る確率は非常に低い

AGA治療薬を利用して副作用が起きる確率は1%~5%とかなり低くなっています。
そのため、副作用が必ず発生しないとは言えないものの、副作用が起きる可能性は非常に低いため、副作用をネガティブに捉えすぎず、AGA治療に踏み切ってみて問題はありません。

AGA治療薬を利用して副作用が出た時の対処法

医師に相談する

AGA治療薬を利用して副作用が出た場合は、まずは速やかに医師に相談するようにしましょう。
特にほとんどのクリニックで副作用が出た際に保証を受けられることがほとんどですので、コストや治療の面でも医師に相談して保証を受けるのがベストな対処法と言えるでしょう。

治療薬の量を減らす

医師に副作用の症状を相談して、AGA治療薬の量を減らして対処することもあります。
ただし、AGA治療薬の効果が薄まらないようにしなくてはいけない分、自分で勝手に治療薬の量を減らすことはあまり良くありません。
必ず医師と相談して了解を取ったうえで、治療薬の量を減らすようにしましょう。

使用する治療薬を変える

副作用がどうしても出てしまうのであれば、利用するAGA治療薬を変えることも1つの手段です。
他の治療薬と併用している場合であれば、副作用が出ている方の治療薬だけを中止する場合もあります。
こちらも医師との相談で決まる事項ですので、どの方法をとるにしても、医師との相談が重要であることを忘れないようにしてください。

まとめ

AGA治療薬はどれを利用しても副作用のリスクがあります。

ただし、発生確率は1%~5%と非常に低く、副作用を警戒してAGA治療を受けないのは非常に損と言えるので、副作用を心配しすぎずAGA治療を受けるのがおすすめです。

また、副作用が発生した場合は、とにかく最初に医師と相談し、その後の対処法を決めるのが一番です。

保証内容なども非常に重要ですので、副作用がどうしても気になる方は、クリニックを選ぶ際に保証の内容をチェックするのも忘れないようにしてください。

目次