おはようございます。
ゴールデンウィークの谷間になりますが、明日から4連休ということもあり、本日の外来は混雑しております。
お天気も回復してきましたので、明日からが楽しみではないでしょうか?

さて本日は、東京都の福祉保健局が発行している、受動喫煙に関するリーフレットの紹介です。
喫煙者は肺がんになりやすいとか、動脈硬化が起きやすいとか、いろいろ言われております。
しかし、パートナーが喫煙することによって生じる煙草のけむり(副流煙といいます)を吸うことで、喫煙者ではなくても煙草を吸う方々以上に煙草を吸ったことになります。
むしろ副流煙を吸う事の方が、喫煙者が吸い込む煙よりもニコチン量は約2.8倍も高いと言われています。

煙草は依存性が高く、なかなかやめられないものですが、ご自身の健康の為だけではなくパートナーのためにも禁煙を心掛けてみてはいかがでしょうか?