中折れしてしまうのはなぜ?勃起しない原因と対策について解説

【公開日時】

 

「性行為中に萎えてしまった...」

 

「過去のトラウマで性行為に前向きになれない...」

 

中折れを何度か経験することで男性としての自信がなくなり、不安になることもあるでしょう。中折れはEDの一種で、原因を突き止め対策する必要があります。

 

中折れは自分だけの問題ではなく、パートナーの女性にも精神的ダメージを与える可能性があります。中折れが頻回になると、パートナーとの関係性が悪くなるだけではなく、性機能に対する自信も失われ、更に症状を加速させるという悪循環に陥ることも。

 

EDはストレスや疲労など精神的な要因のほか、病気が潜んでいるリスクもあります。当記事では、中折れの原因や対策について詳しく解説します。まずは原因を突き止め、適切に対処することが大切です。

 

中折れとはどんな現象?原因と対策について

中折れとは、性的興奮を受けることで勃起して挿入できるものの、勃起を維持できず性行為中に萎えてしまう状態です。

 

中折れもEDの一種で、40代前半の男性に多い症状で、50代になると6割以上が中折れを経験します。

 

中折れにはさまざまな原因があり、心因的なものや病気が潜んでいる可能性も。中折れの原因が病気の場合は、放置することで命に影響を及ぼす危険性もあります。

 

まずは中折れの原因を知り、改善できるように対策することが大切です。

性行為中の中折れを放置するリスク・早漏との関係性

中折れを放置すると早漏につながるリスクがあります。

 

早漏とは、自分の意思に反して早く射精してしまうことです。

 

中折れを何度か経験すると、途中で萎えてしまうことを恐れ、射精のタイミングが早まる傾向にあります。

 

国際性医学会による早漏の定義は以下のとおりです。

  • 性行為の際に、ほぼ毎回挿入から1分以内に射精してしまう
  • 射精のタイミングをコントロールできないことに不満や悩み、苦痛を感じている

挿入から1分以上経過しての射精でも、自分の意思より早く射精してしまう場合は早漏といえます。

 

また、射精のコントロールができないことに不満や悩み、苦痛を感じて性行為を避けてしまう場合も早漏に当てはまります。

中折れの原因

中折れにつながる原因は、大きく分けて以下の4タイプがあります。

 

どれか1つが原因であることは少なく、複数が絡み合って発症する混合型EDがほとんどです。

 

加齢によって発症する「器質性ED」

 

器質性EDとは、神経や血管に問題が起こることで勃起に支障を来たすEDです。

 

器質性EDの原因でもっとも多いのが、加齢による動脈硬化です。老化とともに血管が厚く硬くなることで、血液が陰茎に送られなくなり勃起しづらくなります。

 

動脈硬化以外に、糖尿病・高血圧などの生活習慣病や、神経が傷害される病気も器質性EDにつながります。

 

精神的なストレスが原因で発症する「心因性ED」

 

心因性EDとは、ストレスや不安、悩みなど精神的な要因で生じるEDです。具体的には、男性器に対するコンプレックスやEDであることへの悩み、妊活のプレッシャーなどが挙げられます。

 

日々の生活の中でのストレスや、過去に性行為がうまくいかなかったトラウマがあると、視覚や触覚からの性的刺激が陰茎へ伝達されにくくなり、中折れにつながります。

 

器質性EDは40代以降に多くみられますが、心因性EDは20代の若い世代でも発症する可能性があります。

 

器質性EDと心因性EDが混ざりあって発症する「混合性ED」

 

混合性EDは、器質性と心因性が複雑に絡み合って発症するEDです。

 

加齢による器質性EDにより、勃起力が衰えている状態で、性行為がうまくいかないケースがあります。それがトラウマとなり、性的刺激が脳へ上手く伝達されず、心因性EDを発症することも。

 

血流の悪化で陰茎へ血液がスムーズに送られなくなり、更に性的刺激が脳へ上手く伝わらなければ、中折れの原因になります。EDの中でも混合性EDがもっとも多く、複数の原因が絡み合っているため、対処が難しいケースもあります。

 

薬の副作用によって発症する「薬剤性ED」

 

薬剤性EDは、服用している薬の副作用が原因となるEDです。

 

EDを引き起こす可能性のある薬には、以下のようなものがあります。

  • 精神安定剤
  • 抗うつ薬
  • 睡眠薬
  • 高血圧の薬
  • アレルギーの薬

上記の薬は脳の神経伝達に影響を及ぼすため、EDにつながる可能性があります。

 

これらの薬を服用しているからといって、全ての人にEDが生じるわけではありませんが、中折れが気になる場合は、薬の影響がないか確認してください。

世代別の中折れの傾向

 

20代~30代に多い中折れ

 

20代~30代の若い世代に多い中折れの原因は、心因的な問題か薬の副作用です。

 

性行為の経験不足によるプレッシャーや、過去に性行為に失敗したことによるトラウマのほか、疲労やストレスも心因性EDにつながります。また、普段服用している薬の副作用でEDとなるケースもあります。

 

40代に多い中折れ

 

40代の中折れは、食生活の乱れや運動不足、飲酒・喫煙が原因となる生活習慣病が影響しているケースが多いです。

 

代表的な生活習慣病として、糖尿病や高血圧、高尿酸血症、肝臓病、高脂血症などがあります。生活習慣病の多くは血管や神経に障害をもたらすため、陰茎への血流が滞り、中折れにつながる可能性があります。

 

50代以上に多い中折れ

 

50代以降は40代と同じく、生活習慣病による中折れが多い傾向に。また、加齢で性欲がなくなり、性的興奮や刺激を感じづらくなることも中折れにつながります。

中折れを防止するための対策

食生活や睡眠、運動、飲酒・喫煙など、生活習慣の乱れが原因でEDを引き起こす可能性があります。

 

ここからは、中折れを防止するための対策について詳しく解説します。

食生活の改善

EDと食生活は密接な関係にあります。栄養バランスに優れた食事を摂り、健康状態を整えることで、中折れが改善されるケースもあります。

 

バランスのよい食事を心がけることで、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が増え、性的興奮を感じやすくなることも中折れの防止につながります。

 

中折れの予防や改善につながる栄養素は以下のとおりです。

  • 亜鉛
  • シトルリン
  • アルギニン
  • カルニチン
  • DHA/EPA
亜鉛

・牡蠣
・チーズ
・豚肉
・卵黄
・レバー
・煮干し
・アーモンド

シトルリン

・スイカ
・メロン
・きゅうり
・ゴーヤ

アルギニン

・アーモンド
・キハダマグロ
・鶏卵
・高野豆腐
・落花生

カルニチン ラム肉・鶏レバー・牛肉・赤貝

中折れを防止するためには、高カロリー・高脂質な食事を控えることも大切です。ED診療ガイドラインによると、高血圧患者の多くはEDを合併するリスクが高く、肥満になるとEDになる可能性が高まることがわかっています。

運動習慣を身につける

適度な運動を取り入れることで、血流および男性ホルモンの分泌が促され、中折れ防止につながります。

 

また、運動することでEDの原因となる肥満やメタボを防止する効果も期待できます。心因的な要因となるストレス発散にもなるため、まずはウォーキングやジョギングなど、軽い運動から始めてみましょう。

睡眠時間を確保する

中折れを防止するには、十分な睡眠時間を確保する必要があります。

 

十分な睡眠を摂ることで男性ホルモンの分泌量が増え、性的興奮が陰茎へ伝わりやすくなり勃起力が高まります。1週間の睡眠時間の平均が5時間を下回る場合、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が10~15%低下するとの報告もあります。
参照:UChicago Medicine

 

中折れを防ぐために、最低でも6時間以上、可能であれば7~8時間の睡眠時間を確保しましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスを解消することで、心因性EDによる中折れを防止できます。

 

ストレスを溜め込まないためにも、趣味に没頭する時間を作ったり、仲の良い友人と話すなど、気持ちをリセットする機会を設けることが大切です。

 

趣味が見つからない場合は、日光浴もおすすめです。朝日を浴びることで体内時計や自律神経が整い、気持ちよく1日のスタートを切ることができます。

過度な飲酒を控える

過度な飲酒は生活習慣病を引き起こすリスクがあり、中折れにつながる可能性もあるため避けるべきです。

 

ただし、適量であれば飲酒にはリラックス効果があるため、絶対に禁酒しなければいけないというわけではありません。

禁煙する

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があり、中折れの原因にもなります。

 

喫煙者がいきなり禁煙するのは難しいかもしれませんが、徐々に本数を減らす方法は失敗しやすい傾向にあります。必要であれば、禁煙外来を利用してみるのもよいでしょう。

ED治療薬を服用する

中折れはEDの症状のひとつで、勃起を維持することが難しく、性行為を継続できない状態を指します。

 

ED治療薬は勃起力をサポートし、勃起した状態を維持できる効果が期待できます。そのため、中折れへの不安が解消され、自信を持って性行為に臨めるメリットも。

 

ED治療薬は、あらゆる原因のEDに効果が期待できます。生活習慣の見直しでEDが改善されない場合は、ED治療薬の服用を検討しましょう。

 

ED治療薬の安全な購入方法についてはこちらの記事で解説しています。

オンライン診療対応のEDクリニック

クリニック名

DMMオンクリ

レバクリ

クリニックフォア

診察費用

0円

0円

0円*

費用

(1錠あたり)

290円〜

346円〜

342円〜

薬の種類

・バイアグラ
・シアリス
・レビトラ
・バイアグラODフィルム

・バイアグラ
・シアリス
・レビトラ

・バイアグラ
・シアリス
・レビトラ
・バイアグラODフィルム

ジェネリック

処方あり

処方あり

処方あり

国内承認薬

処方あり

処方あり

処方あり

公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

中折れではなく全く勃起しない場合の対策

中折れではなく全く勃起しない場合は、心因性ではなく器質性EDの可能性があります。

 

器質性EDは動脈硬化など、血管障害が原因です。

 

通常なら20代で動脈硬化を発症するケースはほぼありませんが、食生活や運動不足など、生活習慣の乱れで不摂生が重なると、若い世代でも器質性EDを発症するケースもあります。

 

血管障害が原因のEDには、専門機器を用いた衝撃波治療が有効です。患部に衝撃波を当てることで血流がよくなり、根本的なED改善が期待できます。

中折れに関するよくあるQ&A

 

中折れを改善できる市販薬はある?

中折れ防止のために、勃起した状態を長く維持する薬は処方箋医薬品のため、市販薬として販売されていません。
中折れを改善するためには、医療機関を受診してバイアグラなどのED治療薬を処方してもらう必要があります。

サプリメントで中折れを改善できる?

サプリメントは健康補助食品のため、それだけで中折れを改善することはできません。
マカや亜鉛は、男性の滋養強壮や精力アップに良い影響を与えるとされていますが、あくまで体質改善を目的として使用しましょう。

太っている人は中折れしやすい?

太っている人は中折れしやすいといえます。
EDの原因のひとつに肥満やメタボがあり、血液中の脂質や糖質が増えて血液がドロドロになり、陰茎への血流が滞ります。
EDへの影響だけではなく、健康のためにも食生活を見直し、適度な運動を取り入れることで、肥満を解消できるように心がけましょう。

中折れはどれくらいの人が経験する?

20代から50代の男性2,600人(各世代650人ずつ)へのアンケートによると、全体の約4割が中折れの経験があると回答しました。
中折れ経験者の割合は年代が上がるごとに増える傾向にあります。ただし、EDは高齢者だけに起こる症状ではなく、20代の男性でも約3.5人に1人が中折れを経験していることが報告されています。
参照:中折れや治療薬に対する男女の「ホンネ」実態調査

中折れはどのような状態?

中折れはEDの一種で、勃起して挿入することはできても、途中で萎えてしまう状態です。
40代以上の男性に多くみられる症状で、50代以上になると6割が中折れを経験しています。

中折れしたら女性はどう思う?

「男性が中折れしたときにどう思ったか」とのアンケート結果によると、パートナーを責める女性はごく少数で、逆に相手を気遣う回答が多くを占めています。
中には、自分に魅力がないのではないかと、自分を責めてしまう女性も。特に20代の若い女性にその傾向が強く、自分の魅力のなさに不安を感じる人が約4割になります。
参照:中折れや治療薬に対する男女の「ホンネ」実態調査

勃起しにくくなる年齢は?

勃起しにくくなるのは30代後半以降です。
30代から少しずつ勃起力が衰え、40代になるとEDを発症する男性が多い傾向にあります。40歳頃から徐々に身体の老化が始まり、EDの発症率も増加します。

 

運営者情報
クリニック名 寿町クリニック
診療科目

・脳神経外科
・神経内科
・糖尿病内科
・めまい外来
・禁煙外来
・ペインクリニック

所在地

〒183-0056
東京都府中市寿町1-3-10
藤和府中コープ101

TEL 042-354-3111
FAX 042-354-3112
院長 売野 智之
総合顧問 落合 武徳(千葉大学名誉教授)
顧問・前院長 種村 孝
脳神経外科顧問

秋元 治朗(東京医科大学病院 脳神経外科教授)
羽井佐 利彦(JR東京総合病院脳脊髄神経外科担当部長)